北国で小さく暮らす、再婚同士の夫と私、軽い障がいを持つ子ども①、再婚後に授かった②。2019年に迎えた、うさぎの純子さん。

モノを減らして心の中も整理しながら、頑張りすぎない40代を過ごせるように。
使わないモノや心の古傷は手放して、私たちなりの幸せ探しを綴っていきます(*^^)

昨日の記事に
早速コメント、メッセージいただき
ありがとうございます  (´▽`)






【Gさんより】
本当は仕事がしたいけど怖くて踏み出せません。
それを子育てのせいにして、自己嫌悪…この繰り返しです。

おきこさんはご自分のHSP気質とうつをどのように受け入れられてますか?
就職活動中、怖くなることないですか?





怖いです(-_-;)

また、人の中に入っていって
また、自分が壊れてしまうようなことが起きたら




私はHSPだなと知ったのは
40を過ぎてからでした



会社にいて隣の人が
キーボードを打つ音や
電話の音、ザワザワした感じ

誰かのひそひそ話も
自分の陰口じゃないかと


どれもダメで、
トイレに行ってはひとりため息



どうして私はこうなんだろう
どうしてみんなは平気?なんだろう


自分はみんなと違って変なんだ



この気持ちが焦りとか
劣等感を生んで
息苦しくて

ミスをして
怒鳴られて呆れられて
そこに居られない気持ちになる




そんな負のスパイラル
そこにハマって転職ばかり


どこへ行っても同じでした

自分が変わらないと何も変わらない

でも、どう変わればいいのか
わからない





【Mさんより】
発達障がいもちです。
わかったのは30代です。
昔は怠け者とか、のろまとか
言われていたので、
いくら努力しても
人並みにできず、
なぜなのかと自分を責めました。
障害がわかって、むしろほっとしました。




HSPと発達障がいは違いますが
「わかって、むしろほっとした」
という気持ちは

本当、その通りだなと思いました




自分がどういう人間なのか
どんなことが苦手で
どんなことなら無理せずできるのか


これを、ぼんやりでも
知っていると知らないとでは
まったく違うんですよね

IMG_20190917_182709951
夕食を抜いてもまったく痩せないので、これを飲んだら子どもが何か言いたげにジーッと見ていました(笑)






私は
本当は外で働くのが怖くて

もうこのままでいたいな
と思ったり


相反して
働かない罪悪感とともに
社会に置いていかれている焦り
のようなものもあります

ブランクが長いほど
採用してもらえるのか?
ちゃんと勤まるのか?とかね




けど、現実問題として

うちの場合
57歲の夫の定年65歲が見えていて
そこに小3の子ども②の
高校やその先が重なるので

頑張らないといけない日が
イヤでも来ます(ヽ´ω')

そこが、遅く子どもを授かった
再婚夫婦の大変さでもあります





それと
仕事で負った心の傷は
仕事で癒すというか


週に一回でも
何かの仕事ができるようになれば
「できた」「私でもできる」へ
つながっていくかなぁと


なので


そこへ向けて
どんなことならできるのか
ゆっくり探しているところです





でも、私が【Gさん】だったら
まだ働かないと思います


ご主人が同世代くらいで、
お子さんに手がかかる時期なら

ご主人の収入で暮らすように
生活を小さくしたまま

まだ時間があるし!
と先延ばしにします

だって「まだ怖い」から




ご主人に
働いてほしいと言われたとか
借金で苦しいとかでなければ


自分で「そろそろ」と思えるまで
休んでいていいんじゃないでしょうか


ゆっくり進んでください(^-^)



◎読んだ!のポチ◎
ありがとうございます(*^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 4. おきこ
    • 2019年09月18日 16:08
    • >>グリーンさん

      ひとりで考え出すと、どこまでも悶々としちゃいますよね(^-^;
      きっと、ご主人にも言いにくい部分があるのかなと。

      ご主人や、うちの夫のように、潰れず腐らず働ける人は、陰でものすごい努力もしているけど、もはや「神」だと私は思っています。働き続ける才能の神様です。

      グリーンさんは、今、2人のかわい子ちゃんとゆっくり過ごせる時間を大切にしていいのだと思います。グリーンさんは家で、神⇒ご主人は外で、お互い頑張ってるところなんだと思います(´∇`)

      下のお子さんが園に慣れたら…とか、入学したらとか、キッカケが向こうから来てくれる気がします。

      「私だったら」の目線でしかお返事できませんでしたが、おかげで他の方々もコメント下さり、とてもいい機会になりました。

      ありがとうございます(* ´ ˘ ` *)
      また、来てくださいね!
    • 3. グリーン
    • 2019年09月18日 14:17
    • 5 おきこさん、こんにちは☆

      また壊れたらどうしよう…。この気持ちよく分かります。そして、社会に置いてきぼりにされて焦る気持ちも。痛みを経験してるからこその怖さと一歩踏み出した時の周囲の目を想像してしまうからなのかなと私は思います。

      私は、小2と来年幼稚園に入園予定の3歳の母です。
      とりあえず3歳が入園してから仕事への自分の気持ちと向き合ってみるか💦とおきこさんのご意見を拝読して思いました。
      それまでは、今の時間を暮らしを大切に過ごすでいいのかなと。

      1人で悩みだすと苦しくて仕方なかったのですが、ご意見頂けて嬉しかったです❗️

      本当にありがとうございました。

      これからもおきこさんのブログ楽しみにしてます✨
    • 2. おきこ
    • 2019年09月18日 11:07
    • >>みみこさん

      はじめまして( ´ ▽ ` )
      コメントありがとうございます!

      いろいろしんどかったんですが、生活を小さくしたら、どんどん気持ちが楽になっていきました。暮らすためのお金をコンパクトにして、家族が喜ぶことへ回せるようになって、今が一番幸せです。

      〇千万円とか貯めてみたいですが(笑)

      みみこさん、また気軽にコメントや、メッセージ下さいね☆*°お待ちしてます(^-^)
    • 1. みみこ
    • 2019年09月18日 10:54
    • いつも拝読させていただいています。
      小さい暮らしを実践させていることや、お金の使い方はいつも感心しています。
      私もそんな風に生きたいです。
      これからも応援しています。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット